投資全般

自分の資産管理表を作ることがどれだけ大切なことか【資産運用に必須】

ぱられるです♪

 

先日、自分の資産管理表のフォーマットを見つめなおし、全面的にリニューアルしてみました。

その結果、やはりこの「自分の資産管理表を作る」ことがどれだけ大切なことか、改めて認識させられましたので、書き留めておきたいと思います。

資産をキチンと数字で把握できる

当たり前なのですが、まずこれが重要。

逆の言い方をすると、自分の資産がどこに・何が・どのくらいあるのか、どう変化しているのか、キチンと定量的に数字で把握できていない状況で、資産運用が出来るでしょうか?

投資家A
投資家A
わざわざ管理表まで作らなくても、頭の中で把握してるから大丈夫だよ〜

 

本当でしょうか?ある一時点だけでなく、月・年といった変化まで把握できているのでしょうか?

まず不可能でしょう。

こんな状態では、自分の資産を把握することは出来ません。

また、それこそ自分の資産を今後どうしていくべきかなど、気付を得るキッカケすら失ってしまうのではないでしょうか。

【投資をするべき理由】投資をしないことは、労働収入と自国経済力に100%依存してしまうことになるぱられるです♪ 私は、かれこれ約10年以上投資に関わっていますが、知れば知るほど、投資はするべき理由しか見つかりません。...

 

また、これは資産というストック面だけでなく、支出というフロー面にも言えることだと思います。

【固定費はマイナスの配当金】家計の固定費を積極的に見直そうぱられるです♪ 記事執筆時点の2019/8/26現在、市場は米中貿易摩擦の混迷から、リセッション(景気後退)が述べられるこ...

自分が知りたい分析を得られる

最近は、資産管理アプリなども便利になってきました。

これらのアプリ自体は優秀であることは確かですし、役立つ補助ツールだと思います。

ただ、これらの既存品は、どうしても整理・要約の見せ方がデフォルトの機能になりますし、基本的にある一時点といった定点把握が中心になってしまいます。

例えば、私の場合、資産は以下2点を把握したいと考えています。

  1. 毎月末時点の詳細内訳(定点把握)
  2. 月別・主要項目別の推移(時系列把握)

①は、毎月末時点の資産を、詳細内訳レベルで振返れるように残しておきたいためです。縦軸に個別の預金・株といった商品項目、横軸に数量・取得単価・評価損益といった内容項目をとって、1つの表にまとめています。

②は、月別・主要項目別の資産を、時系列推移として俯瞰して見たいためです。①の毎月末結果を、縦軸は自分が分析したい主要項目に要約し、横軸は時間軸をとって、表とグラフへ落とし込んでいます。

この2つをエクセルにフォーマット化することで、私は自分が知りたい分析である定点把握と時系列把握を得られるようになりました。

資産をどのように把握・分析したいかは、個人の資産・目的・好みなどによって大きく異なると思います。

既存品に頼るだけでは、本当に自分が必要な分析を得ることは難しいのではないでしょうか。

目標とモチベーションを明確にできる

最後にこれです。

投資を順調に続けていくことは、決して一朝一夕ではないと思います。

相場に一喜一憂することもあれば、そもそも仕事や生活が忙しすぎて、おざなりになってしまうこともあるのではないでしょうか。

自分で管理表を作って、自分の資産をキチンと数字で把握して分析が出来れば、自ずと目標とモチベーションを明確にすることができると思います。

私は、社会人になって比較的すぐに投資を始めてから、簡単なエクセル管理表で自分の資産を追ってきました。

第一目標だった資産1,000万円までの過程や、これが達成できた時の喜びは、今でも鮮明に覚えています。

この目標とモチベーションを明確にできることは、結果的に市場から退出することなく、投資を楽しんで続けられることに繋がる大きなメリットではないでしょうか。

まとめ

こうして見ると、自分の資産管理表を作ることはとても大切なことだと言えるのではないでしょうか。

しかし、これを作っていない人は意外に多いように思います。

自分の資産管理表によって、キチンとした把握・分析をもとに、目標とモチベーションを持って投資を行っていけたらいいですよね。

 

そして、キチンとした自分の管理表ができたのなら。

自分の投資を振り返るためにも、以下も参考にしてみて頂ければ幸いです。投資の原則の1つです。

【投資の基本で最も忘れがちなもの】投資は時間軸を分散しようぱられるです♪ 投資をする・しようとする方なら、基本とも言える「投資の分散」についてはご存じかと思います。 卵は1つ...

 

また、いきなり個別株に投資するのはちょっと・・・という方はETFという投資方法もあります。

当ブログでは様々なETFをご紹介していますので、是非見てみて頂ければと思います。

【基礎知識】米国株のセクター区分とその特徴についてぱられるです♪ 今回は、米国株それぞれが所属するセクターについて、記事にしてみたいと思います。 いままで、セクターと...

 

では、良い投資ライフを!

▼フォロワーさん、大歓迎です♪▼

▼記事が良かったら、是非シェアをお願いします♪▼
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です