投資全般

【実録・10万超え】我が家のキャッシュレス効果

こんにちは。ぱられるです。

 

今回は、節約・投資資金捻出手段の1つとして。

我が家が積極的に取り組んでいるキャッシュレスの効果について、記録も兼ねて、記事にしてみたいと思います。

キャッシュレスのメリットについては、今の日本の立ち位置がどういう状況なのかを含めて、先日、以下の記事にまとめています。

メリットを詳しく知ってみたい!という方はぜひご参照下さい。

【家計改善】 キャッシュレスによるコスト削減の大きさ 【使わないのはもったいない】こんにちは。ぱられる(@parallel)です。 今回は、先日、以下の固定費削減の記事にて単語を出したキャッシュレスについて、少し...

 

さて、ぱられる家ではキャッシュレスによって、今年いったいどれだけの恩恵を得たのでしょうか?

今回数字として纏めてみて、改めてその威力を思い知りました(汗

この記事でも改めて申し上げますが、オススメですよ!!(笑)

今年の効果はすでに13万円を超えた

結論の金額面から。

我が家の今年のキャッシュレス効果は、主なものをざっくり計算しても、何とすでに約13万円を超えていました。(2019/10/25執筆現在)

 

その内訳は以下の通りです。

(下添付は、仕様上分かりやすいPayPay画面の一例)

キャッシュレス節約カード発行特典
PayPay42,000円0円
LinePay20,000円0円
JCBカード20,000円3,000円
三井住友VISAカード10,000円10,000円
イオンカード20,000円7,000円
d払い20,000円9,000円
132,000円29,000円
合計(発行特典含む)161,000円

 

対応するカードの発行特典は、少し意味が違うかもですので別出しにしてみましたが、これも合わせるとすると、何と161,000円!

 

はい。私は確かに、今は日本のキャッシュレスの成長期だとは記事にしました。

しかし、薄々気づいてはいましたが、数字に纏めてみて、衝撃の結果でした。

いかに各社が大盤振る舞いしているか、ですね・・・

家族の支出方法への考え方が変わった

また、嬉しい副次効果もありました。

今回のこのキャッシュレスの流れは、一時的な節約効果だけではなかったです。

ホント、家族みんなが、支出方法について改めて意識が上がったのを感じます。

◆なるべくキャッシュバックと記録が残る、キャッシュレスで払う

◆大きなキャンペーン情報は、家のカレンダーに書く

◆急がない支出はすぐ買わず、欲しい物リストにでも入れておく
⇒キャンペーン時に買って、スケールメリットも得る

 

こういったことが、家族の中で、自然に・当然になりました。

なんとも嬉しい限りです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

キャッシュレスに限らず、「節約」というとなんだかケチっぽい、ネガティブイメージがどうしてもありますよね。

でも、私はあまりそうは思っていません。

皆さん大勢もそうだと思いますが、出すべきところにはキチンと出しますよね?

 

なので、そういう人にとっては、某有名ブロガーさんが書かれていましたが、私は「節約」って、まさに「支出の最適化」だと思います。

これがされると、実は本当に必要なお金は限られていることや、自分が真に得たいものは何なのかが見えてきます。

キャッシュレスという1つの手段によって、もしこんな効果まで得られたら、言うことないですよね!

 

では、良い投資ライフを!

↓ フォロワーさん、大歓迎です♪ ↓

↓ 応援クリックが励みになります♪ ↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です